「ヨネックスオープンジャパン2007」小椋/潮田組、松尾/今別府(YY)組がベスト16!
9月11日〜16日 東京都体育館
オリンピック、世界選手権に次ぐ大会グレードのBWFスーパーシリーズ(レベル2)「ヨネックスオープンジャパン2007」に、森かおり、小椋久美子、潮田玲子、松尾静香の4選手が出場。

<女子ダブルス>
小椋/潮田組(WR6位)は、1回戦で2年前の世界選手権で敗れたFRIER KRISTIANSEN/RYTTER JUHL組(デンマーク・WR18位)をストレートで下す。
2回戦はペアを組み替えたHA/KIM組(韓国・WR50位)と対戦。第1ゲームは完璧な試合運びで先取。第2ゲームに入るとレシーブが乱れ常にリードされ、後半追い上げたもののこのゲームを落とす。ファイナルゲーム前半は一進一退の攻防が続いたが、後半は韓国ペアの堅いレシーブを崩せず逆転で敗れベスト16に終わった。

一方、松尾/今別府(ヨネックス)組(WR84位)は、1回戦でランク上位のMCKEE/REID組(カナダ・WR31位)をストレートで下す。
2回戦では世界ランク1位で第1シードのZHANG/WEI組(中国・WR1位)にストレートで敗れベスト16に終わった。

<女子シングルス>
森選手(WR18位)は、1回戦で第5シードのPI選手(フランス・WR6位)と対戦。
第1ゲームは終盤追いつき、一時は19-17とリードを奪ったものの4連続失点でゲームを落とす。
第2ゲームも前半大きくリードを許したが、中盤14-15まで追い上げる粘りをみせ好ラリーを展開したが、一歩及ばず惜しくもストレートで敗れた。

<試合結果>
女子ダブルス
<1回戦>
  小椋/潮田 2(21-13、21-11)0 FRIER KRISTIANSEN Lena/RYTTER JUHL Kamilla(デンマーク・WR18位)
松尾/今別府 2(21-6、21-16)0  MCKEE Fiona/REID Charmaine(カナダ・WR31位)

<2回戦>
  小椋/潮田 1(21-9、19-21、15-21)2 HA Jung Eun/KIM Min Jung(韓国・WR50位)
松尾/今別府 0(10-21、10-21)2 ZHANG Yawen/WEI Yili(中国・WR1位)

女子シングルス
<1回戦>
  森 0(19-21、16-21)2 PI Hongyan(フランス・WR6位)