「ポルトガル国際2008」今別府選手がクロアチア国際に続き優勝!
3月13日〜16日 ポルトガル カルダス・ダ・ライーニャ市

BWFインターナショナルシリーズ(レベル4B)の「ポルトガル国際2008」に、クロアチア国際に続き全日本チャンピオンの今別府香里選手が出場。「クロアチア国際」に続き2大会連続優勝を飾った。

<女子シングルス>
今別府選手(WR115位)は1回戦でPOHL選手(アメリカ・WR82位)を、2回戦では第3シードのCHAN選手(ニューシ゛ーラント゛・WR52位)を下しベスト8に進出。
その後も快調に勝ち進み、準々決勝では地元のSANTOS選手(ポルトガル・WR62位)を、準決勝では第2シードのPITTARD選手(イギリス・WR50位)をファイナルゲームで下し決勝に進出。
決勝では予選から勝ち上がったZHANG選手(中国)をストレートで下し、クロアチア国際に続き2週連続優勝を果たした。
海外トーナメントでの優勝は3度目。

試合結果詳細

女子シングルス
<1回戦>
  今別府  2(21-5、21-1)0   POHL Shannon(アメリカ・WR82位)
<2回戦>
  今別府  2(21-10、21-13)0 CHAN Michelle(ニュージーランド・WR52位)
<準々決勝>
  今別府  2(21-10、21-13)0   SANTOS Telma(ポルトガル・WR62位)
<準決勝>
  今別府  2(21-16、13-21、21-5)1 PITTARD Jill(イギリス・WR50位)
 <決勝>
  今別府  2(21-13、21-15)0 ZHANG Xi(中国)