アジア選手権大会 2009 <Happy Suwon Badminton Asia Championships 2009>
残念ながら1回戦で敗退。

4月7日〜12日 韓国 水原市 Suwon Indoor Stadium

今回のアジア選手権には松尾、内藤、関谷の3選手が出場。

【女子シングルス】
関谷選手は大阪インターナショナルチャレンジベスト8のBae Seung Hee(WR:127位)と対戦し、
長いラリーで第1ゲームを競り合うものの19本で落とす。
第2ゲームもリードできず17本で落としストレートで敗退した。

【女子ダブルス】
松尾/内藤組も韓国ペア、Eom Hye Won/Jung Kyung Eunと対戦。
韓国ペアの強い攻撃にレシーブがなかなかできず、自分たちの攻撃につなげることができずに14本、16本のストレートで敗退した。

【混合ダブルス】
今回は内藤選手は先週の大阪インターナショナルチャレンジで男子ダブルス優勝の小宮山選手(日本ユニシス)と、松尾選手は早川選手(日本ユニシス)と組んだものの即席でのコンビネーションにも課題がありそれぞれストレートで敗退した。

試合結果

【女子シングルス】
<1回戦>
 関谷 0(19-21.17-21)2 Bae Seung Hee (韓国:WR127位)

【女子ダブルス】
<1回戦>
 松尾/内藤 0(14-21.16-21)2 Eom Hye Won/Jung Kyung Eun (韓国)

【混合ダブルス】
<1回戦>
 小宮山/内藤 0(6-21.15-21)2 Kim Ki Jung/Eom Hye Won (韓国)
 早川/松尾  0(14-21.16-21)2 Eom Hye Won/Jung Kyung Eun (韓国)