バドミントン タイオープングランプリゴールド 2009 <SCG THAILAND GRAND PRIX GOLD 2009>
脇坂・多谷組がベスト8

7月21日〜26日 タイ バンコク市 Nimibutr National Stadium

今回のタイオープングランプリゴールドには今別府、村松、脇坂、多谷、三木、米元の6選手が出場。

【女子シングルス】
今別府選手、村松選手とも1回戦では予選から勝ち上がった選手と対戦し競り合いながらも2回戦に進出。
村松選手は2回戦で第3シード、地元タイのエースSalakjit PONSANAと対戦。ファイナルゲームに持ち込み6オールまで競り合うが、その後はSalakjitペースで11−21で敗退。
今別府選手はシンガポールのJiayuan CHENと対戦。第1ゲームは相手ペースで失い、第2ゲームは取り返したもののファイナルゲーム後半で点差をつけられ17本で敗退。二人ともベスト16で終わった。
尚、予選から出場した三木選手は1試合目で敗退した。

【女子ダブルス】
三木・米元組はタイのSavitree AMITRAPAI/Vacharaporn MUNKIT(第3シード)と対戦。第1ゲームは11−10でインターバルへ入ったがプレー再開後に連続失点し追い上げたものの18−21で失う。第2ゲームは競り合いながらもリードを許さず先に20−17とゲームポイントを握るが追いつかれ失点し20−22で敗退。ベスト16に終わった。
多谷選手は2007年10月のマカオオープン以来の国際大会出場。国際大会復帰戦となった今大会、脇坂・多谷組は1回戦、2回戦は2−0で勝ち準々決勝に進出。三木・米元組に勝った第3シードのSavitree AMITRAPAI/Vacharaporn MUNKIT(タイ)と対戦。
序盤はリードする場面もあったが、中盤以降はリードを許しゲームを取りきるところまではいかず、残念ながら0−2で敗退。
脇坂・多谷組としての復帰戦はベスト8という結果だった。

試合結果

【女子シングルス】
<予選1回戦>
 三木佑里子 1 (26-24.17-21.16-21) 2 Maetanee PHATTANAPHITOON (タイ)36min

<1回戦>
 今別府香里 2(21-14.22-20)0 Hyun Jin LEE (韓国)37min
 村松瑞穂  2(21-12.19-21.21-17)1  Maetanee PHATTANAPHITOON (タイ)47min
 
<2回戦>
 今別府香里 1(9-21.21-10.17-21)2 Jiayuan CHEN (シンガポール)49min
 村松瑞穂  1(14-21.21-13.11-21)2  Salakjit PONSANA(タイ:第3シード)49min

【女子ダブルス】
<1回戦>
 脇坂郁/多谷郁恵   2(21-10.21-17)0 Nitchaon JINDAPOL/Pattharaporn JINDAPOL (タイ)37min
 三木佑理子/米元小春 2(21-15.21-12)0 Narissapat LAM/Maetanee PHATTANAPHITOON (タイ)24min

<2回戦> 
 脇坂郁/多谷郁恵   2(21-12.21-9)0 Wai Chee KOON/Kwan Yi MONG (香港)27min
 三木佑理子/米元小春 0(15-21.12-21)2 Savitree AMITRAPAI/Vacharaporn MUNKIT(タイ:第3シード)41min

<準々決勝>
 脇坂郁/多谷郁恵   0(16-21.16-21)2 Savitree AMITRAPAI/Vacharaporn MUNKIT(タイ:第3シード)19min