世界選手権 2009  松尾/平田(トナミ運輸)がベスト16入り

8月10日〜16日 インド ハイデラバード市

第17回世界選手権大会には内藤、松尾の2選手が初出場。(松尾選手は混合ダブルスと2種目に出場)

【女子ダブルス】
内藤/松尾組は1回戦のマレーシアペアには出だしでリードを許すが、完全にペースを握り8本で第1ゲームを先取。第2ゲーム は一進一退の攻防が続き11−10でインターバルへ。この間にアドバイスを受け、再開後は徐々にリードを広げ粘る相手を16 本で押さえ2回戦に進出。
2回戦は第13シードのインドネシアペアと対戦。第1ゲームは競り合いの中17−19とされるがここから踏ん張り4点を連取 し21−19で先取。そのまま第2ゲームも勢いを持続させるかと思われたが反対にペースを上げて主導権を握ったのはインドネ シアペア。
内藤/松尾組はリードを保たれ追い上げきれずに第2ゲームを落とし、ファイナルゲームも第1ゲームのようなラリー 展開に持ち込めず残念ながら2回戦で敗退した。

【混合ダブルス】
1・2回戦を順当に突破し、3回戦で第5シードの中国ペアと対戦。
第1ゲームは中国ペアのペースに全くついて行けず、第2ゲームの最初に競り合うものの点差をじわじわと広げられ14本で敗退 。ベスト16に終わった。

試合結果

【女子ダブルス】
<1回戦>
 内藤真実/松尾静香 2(21-8.21-16)0 Yin Loo LIM/Marylen Poau Leng NG (マレーシア)36min

<2回戦>
 内藤真実/松尾静香 1(21-19.15-21.12-21)2 Nitya Krishinda MAHESWARI/Greysia POLII(インドネシア:13シート゛)64min

【混合ダブルス】
<1回戦>
 平田典靖/松尾静香 2(21-14.22-20)0 Arun VISHNU/Aparna BALAN(インド)29min

<2回戦>
 平田典靖/松尾静香 2(21-11.21-10)0 Misha ZILBERMAN/Svetlana ZILBERMAN(イスラエル)21min

<3回戦>
 平田典靖/松尾静香 0(8-21.14-21)2 Zhongbo XIE/Yawen ZHANG(中国:5シード)29min