台北オープングランプリゴールド2009   混合ダブルスで内藤真実/小宮山元(日本ユニシス)組がベスト16

8月25日〜30日 台北 新荘市

今回の台北オープングランプリゴールド2009に廣瀬、関谷、内藤、松尾、潮田の5選手が出場。

【女子シングルス】
廣瀬選手は1回戦で第5シード、インドネシアのMaria Febe Kusumastutiと対戦。競り合う第1ゲームを19本で先取したものの第2・3ゲームはMariaペースから抜け出せず敗退。
関谷選手は約1年ぶりの復帰戦となった地元台北のShao Chieh Chengと対戦。第1ゲームを取り第2ゲームも競り合うものの
19本で落とすとファイナルゲームもペースとつかめないまま16本で敗退。ふたりとも1回戦で姿を消した。
尚、関谷選手と対戦したShao Chieh Cheng選手は競り合いながら決勝に勝ちあがり優勝。地元開催の国際大会で復活をアピールした。

【女子ダブルス】
内藤・松尾組はシンガポールのFan Frances Liu/Yu Yan Vanessa Neoと対戦。一進一退の白熱したラリーで会場を沸かせたが
後半にリードを許し0−2で敗退。残念ながら1回戦敗退に終わった。

【混合ダブルス】
潮田/池田(日本ユニシス)組は際どい試合で予選を勝ちあがり1回戦は香港Yohan Hadikusumo Wiratama/Hoi Wah Chauと対戦。
Yohanの老獪なプレーに崩され1・2ゲームとも12本で敗退。
内藤/小宮山(日本ユニシス)組は潮田組と同じく香港ペアLok Kei Lo/Kwan Yi Mongと対戦。
競り合いをものにして2回戦に進んだが韓国ペアの力強いラリーに敗れベスト16に終わった。

試合結果

【女子シングルス】
<1回戦>
 廣瀬栄理子 1(21-19.13-21.11-21)2 Maria Febe Kusumastuti(インドネシア:第5シード)
 関谷真由  1(21-17.19-21.16-21)2 Shao Chieh Cheng(台北)

【女子ダブルス】
<1回戦>
 内藤真実/松尾静香 0(18-21.19-21)2 Fan Frances Liu/Yu Yan Vanessa Neo(シンガポール)
 
【混合ダブルス】
<予選1回戦>
 潮田玲子/池田信太郎 2(26-28.21-14.21-9)1 Po Yi Huang/Wan Hui Cheng(台北:予選3シード)

<予選2回戦>
 潮田玲子/池田信太郎 2(21-7.22-20)0 Eui Seok Chung/Sun Young Park(韓国)

<1回戦>
 潮田玲子/池田信太郎 0(12-21.12-21)2 Yohan Hadikusumo Wiratama/Hoi Wah Chau (香港:第4シード)
     (日本ユニシス) 
 内藤真実/小宮山元 2(21-19.21-18)0 Lok Kei Lo/Kwan Yi Mong(香港)
     (日本ユニシス)

<2回戦>
 内藤真実/小宮山元 0(9-21.13-21)2 Baek Cheol Shin/Hyun Young Yoo(韓国)