「バドミントン 中国マスターズスーパーシリーズ2009」

中国 常州市:9月15日〜20日

今別府香里、PI選手(世界ランキング7位)に健闘するもベスト16に終わる。

【女子シングルス】
今別府選手は1回戦で世界ランク25位のZHANG Beiwen選手(シンガポール)と対戦。
リードできず我慢の試合展開になるが11オールから14オールまで競り合いながらもしぶとく相手を追い込み15-14とリード。17-14、17オールとされるが4本を連取して第1ゲームを取る。
第2ゲームは安定したラリー展開でネット前でも上回り11本で勝ち2回戦に進出。
2回戦では大会第7シード、世界ランク7位のPI Hongyan選手と対戦。
第1ゲーム序盤はリードを許しこの試合も追いかける展開になるが、徐々に追いつき14オールから抜け出して第1ゲームを取る。
第2ゲームも14-9としこのゲームを制するかに見えていたが、淡々としぶとくラリーをするPI選手に対し早くリードを広げたい
気持ちからかミスを誘われ追いつかれる。隙を逃さないベテランらしい試合運びでPI選手にペースを握られ17本で落とす。
ファイナルゲームも8オールから14-8とリードするが、精度の上がったPI選手のプレーに対し少しづつミスが出てじわじわ追い上げられる展開に。自分のペースを掴みきれなくなった今別府選手は18オールから3失点し残念ながら18-21で敗退。
技術的には引けをとらない展開であったが、試合運びとメンタル面でベテラン選手を上回れなかった。
競り合いでの状況対応やリードの後の試合運びを今後の課題とし常州市を後にした。

試合結果

【女子シングルス】
<1回戦> 
 今別府 2(21-17.21-11)0 Beiwen ZHANG[シンガポール:WR25位]  :36min

<2回戦> 
 今別府 1(21-16.17-21.18-21)2  Hongyan PI *第7シート゛[フランス:WR7位] :62min