ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018 大会展望

第11回目を迎えるヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権。
2007年に日本バドミントン協会が第1回大会を開催するにあたり、「若い選手たちが国際大会を積む経験の場にしたい」と語っていた。この言葉どおり、これから世界に旅立ちたい若い選手たちは熱い奮闘を見せ、多くの選手が世界へ旅立っていった。
2017年、世界選手権では奥原希望(日本ユニシス)の優勝をはじめ各種目でメダルを獲得。ワールドスーパーシリーズファイナルズでは女子単で山口茜(再春館製薬所)が優勝、女子複では米元小春/田中志穂(北都銀行)が優勝、福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)が2位と上位を独占した。世界ランキングにおいても各種目とも上位を占めるまでとなった。
そして、2018年。2年後の東京オリンピックに向け、各国で世代交代が進む中、日本人選手達はどのようなプレーを見せてくれるのか。
今年も若手の台頭と、壁となってそれを簡単には許さない中堅・ベテラン選手の激突、世界に飛躍したい海外選手との対決など、多くの見所が満載の国際大会に相応しい戦いとなるだろう。
では、各種目の注目選手にスポットを当てて紹介しよう。

男子シングルスでは全日本総合で優勝し、今大会唯一ナショナルA代表から出場する武下利一(トナミ運輸)と、今春から社会人となり連覇を狙う五十嵐 優(日本ユニシス)を軸に展開されそうだ。対抗馬となるのは昨年に続きB代表の小野寺裕介(日本ユニシス)、ナショナルチームは外れたが国際大会でも実績のある上田拓馬(日本ユニシス)あたりか。若手では奈良岡功大(浪岡高)がフレッシュな旋風を吹かせてくれるか。

女子シングルスではナショナルB代表に落ちたが、世界選手権で3位入賞など国際経験豊富な三谷美菜津(NTT東日本)が2度目の優勝を狙う。その三谷選手の手ごわい相手となりそうなのが全日本総合4強の峰 歩美(再春館製薬所)だ。体力に自信のある2人の試合は壮絶な戦いが予想される。さらに、昨年この大会連覇で3度目の優勝を果たした髙橋沙也加(日本ユニシス)は、ナショナルチームを外れたもののスイスオープンで優勝するなどナショナルチーム復帰に燃えているはずだ。若手ではインターハイの単複を制し、今春ヨネックスの一員となった髙橋明日香(ヨネックス)が台風の目となるか。

男子ダブルスは予想がつかないくらい激戦になるだろう。1番手は世界ジュニアのダブルスを制し、今春から名門トナミ運輸に加入した金子真大/久保田友之祐(トナミ運輸)だ。対抗馬は全日本総合8強でナショナルチームに復帰した古賀 輝/齋藤太一(NTT東日本)か。
昨年は中国ペアが優勝したが、今年は日本若手ペアの若さ溢れるプレーに期待したい。

女子ダブルスは、国際大会の経験や実績も豊富で安定したレシーブを誇る福万尚子/與猶くるみ(ヨネックス)を、昨年決勝で韓国ペアに逆転で惜敗した櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)が追う展開か。全日本総合8強の新玉美郷/渡邉あかね(NTT東日本)にも上位進出の期待がかかる。若手では志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)に注目だ。

混合ダブルスは、過去5大会は外国人ペアが優勝し、昨年は8強に日本人ペアが1組だけ と、日本勢にとっては苦しい戦いが続いている。今年は権藤公平/栗原文音(トナミ運輸/ 日本ユニシス)に優勝の期待がかかる。ジュニアナショナル選手や若手選手にとってペアとして練習する機会は少ないが、思い切ったプレーで存在をアピールする大きなチャンスといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です